イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

グローバルシャッターCMOSセンサー搭載デジタルカメラの機能詳細

メモリーショット(連写する場合)

カメラ映像を指定枚数までカメラに保存し、任意のタイミングで画像出力を行う機能です。同一のネットワークに複数のカメラが接続されていて、同時に動作させると1Gbpsの帯域を超えるような構成において、同時に露光する必要がある場合に有効です。
複数枚撮るときに最適です。

メモリーショット(連写する場合)

▲ページトップ

出力タイミング制御(1トリガー1枚撮る場合)

通常は露光が終了すると順次画像が出力されますが、画像出力の開始タイミングを遅延させることができます。同一のネットワークに複数のカメラが接続されていて、同時に動作させると1Gbpsの帯域を超えるような構成において、同時に露光する必要がある場合に有効です。
シングルフレーム、もしくはトリガーで1枚撮るときに最適です。

出力タイミング制御(1トリガー1枚撮る場合)

▲ページトップ