イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

グローバルシャッターCMOSセンサー搭載デジタルカメラの機能詳細

ワイドダイナッミクレンジ

開発者・商品企画担当者インタビュー

コントラストが強いシーンにおいて、階調が失われている明部や暗部に対して階調の復元ができます。
露光時間の異なる2枚の映像を取得し、16ビット長の映像を合成します。
8, 10, 12ビット長で利用する場合、17点近時LUTを使用して階調を調整します。
露光時間による最適化により、映像のS/N劣化がありません。
※2枚の映像を合成するため、動く被写体は正しく撮影できない場合があります。
※1本のカメラリンクケーブルで電源供給(PoCL)した場合、本機能は使用できません。

▲ページトップ

フレーム演算 動画

指定した回数の露光を行い、カメラ内部の平均化処理により1枚の画像にして出力します。
高ゲイン下でのS/N改善、高速露光時のフリッカー状態のキャンセルなどに有効です。
平均処理の枚数は、2, 4, 8,16枚から選択できます。
※複数枚の映像を合成するため、動く被写体は正しく撮影できない場合があります。
※1本のカメラリンクケーブルで電源供給(PoCL)した場合、本機能は使用できません。

▲ページトップ

エリア露光 動画

有効画素領域と任意の16個の矩形領域に対して、2通りの露光時間の設定ができます。
部品検査など、被写体に対する映像の最適化が可能です。
露光時間による最適化により、映像のS/N劣化がありません。
※2枚の映像を合成するため、動く被写体は正しく撮影できない場合があります。
※1本のカメラリンクケーブルで電源供給(PoCL)した場合、本機能は使用できません。

▲ページトップ

  • 全モデル搭載機能
エリアゲイン 動画

任意の16個の矩形領域に対して、個別のデジタルゲイン(0~32倍)を設定できます。
複数の矩形領域が重なる場合は、領域番号の小さい方のゲイン値が優先されます。
部品検査など、被写体(部品)に応じた映像の最適化が可能です。

▲ページトップ

欠陥補正

  • 全モデル搭載機能
欠陥補正 動画

出荷後発生する後発白欠陥、高低温時や長秒露光時に増加する白欠陥点、黒欠陥点を補正します。欠陥検出された座標画素に対して周辺から補正を行います。オン/オフの切り替えができます。

白欠陥、黒欠陥 両方補正対応可能

▲ページトップ

シェーディング補正

  • 全モデル搭載機能
シェーディング補正 動画

光源の向きやレンズ収差の影響による明るさのムラを補正し、フラットな状態にする機能

PC側での補正が不要 → 画像処理時間の短縮が可能

設定値を複数保存が可能 → 各光源に合わせた設定が出来る

モデル パターン数
XCL-SG510 / XCL-SG510C9
XCL-CG510 / XCL-CG510C9
XCG-CG510 / XCG-CG510C9
XCG-CG240 / XCG-CG240C 20
XCG-CG160 / XCG-CG160C 35

▲ページトップ

Look Up Table(LUT)

  • 全モデル搭載機能
Look Up Table(LUT) 動画

LUT:入力信号をさまざまな出力に変換

Input signal (luminance signal)
→Look Up Table
→Output signal (Digital data)

4つのプリセット値搭載

▲ページトップ

3x3 フィルター

  • 全モデル搭載機能
3x3 フィルター 動画

3×3画素のマトリックス演算を行い、輪郭抽出などさまざまな処理を加えた画像出力が可能

▲ページトップ