イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

グローバルシャッターCMOSセンサー搭載デジタルカメラの機能詳細

トリガーレイテンシー

  • 全モデル搭載機能

トリガー信号入力から露光開始までの時間

トリガーレイテンシーが短いとタクトタイム短縮が可能

  Fast Trigger Mode レイテンシー 露光時間のばらつき
XCL-SG1240/SG1240C ON 約0.2 μsec. Exposure Time ± (約0~13μsec.)
OFF 2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1Hμsec.)
XCL-SG510/SG510C ON 約0.2 μsec. Exposure Time ± (約0~13μsec.)
OFF 2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1Hμsec.)
XCL-CG510/CG510C ON 約0.2 μsec. Exposure Time ± (約0~13μsec.)
OFF 2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1H μsec.)
XCG-CG510/CG510C  ON 約0.2 μsec. Exposure Time ± (約0~13μsec.)
OFF 2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1H μsec.)
XCG-CG240/CG240C  2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1H μsec.)
XCG-CG160/CG160C ON 約0.2 μsec. Exposure Time ± (約0~13 μsec.)
OFF 2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1H μsec.)
XCU-CG160/CG160C ON 約0.2 μsec. Exposure Time ± (約0~13 μsec.)
OFF 2H~3H Exposure Time ± (約0~13+1H μsec.)

※1Hは水平周波数。カメラの出力モード設定により異なります。

▲ページトップ

トリガーレンジ制限

  • 全モデル搭載機能
トリガーレンジ 動画

設定されたトリガー幅の信号のみトリガー信号として受け付けることができます。
トリガー信号ラインのチャタリングや外乱ノイズなどを除去するノイズフィルターとして機能します。また、複数カメラを一本のトリガー信号ラインで共有する際に、特定のカメラのみをトリガー動作させるトリガーセレクターとしても機能します。

トリガーレンジ制限

▲ページトップ

トリガー(フリーラン)

  • 全モデル搭載機能

トリガーエッジ検出:トリガーディレイ機能と組み合わせ可能

(事例:立ち上がりエッジで検出)

外部から入力されたトリガー信号を検出して露光を開始します。EXP-MODE が0 の場合はトリガー信号の立ち上がりまたは立下りを検知して露光を開始し、設定されたシャッター値分だけ露光するトリガーエッジ検出を行います。

トリガー幅検出:トリガーディレイ機能と組み合わせ可能

(事例:立ち上がりエッジで検出)

EXP-MODEが1 の場合はトリガー信号の幅期間分だけ露光するトリガー幅検出動作を行います。

▲ページトップ

バルクトリガー

あらかじめユーザーセット(最大16)の設定を覚えさせておき、トリガーに対してユニークな動作をさせる機能

1つのトリガーで複数の映像をそれぞれ異なった設定で駆動するモード

Setting1 :Gain:0dB, Shutter:1/100s,・・
Setting2 :Gain:9dB, Shutter:1/30s,・・
Setting3 :Gain:0dB, Shutter:1/10000s,・

シーケンシャルトリガー

トリガーを入れるたびに順次ユーザーセットを呼び出して駆動するモード

Setting1 :Gain:0dB, Shutter:1/100s,・・
Setting2 :Gain:9dB, Shutter:1/30s,・・
Setting3 :Gain:0dB, Shutter:1/10000s,・

▲ページトップ

バーストトリガー

  • 全モデル搭載機能

露光回数、露光間隔、露光時間を指定し、トリガーのタイミングを起点として連続して撮影を行う機能です。単一の露光時間を繰り返すモードと2つの露光時間を交互に繰り返すモードがあります。また、トリガー信号がオンの間だけ繰り返すモードもあります。

【主なメリット】<

  • 複数カメラで同期した映像記録する用途に最適
  • 被写体に明暗差が大きくあり、2回露光が必要な場合に有効

(A) 露光時間1パターン設定時

露光回数(①)、露光間隔(②)、露光時間(③)を設定
トリガーのタイミングを起点として連続して撮影を行う

(B) 露光時間2パターン設定時

露光回数(①)、露光間隔(②)、露光時間 2種類(③)を設定
トリガーのタイミングを起点として連続して撮影を行う

▲ページトップ

フリーセットシーケンス

1回のトリガー信号で複数回(最大10パターン)の露光、GPO出力を行うことができます。露光、GPO出力の開始時間・長さおよびゲインは任意に設定することができます。設定した一連の露光、GPO出力を1サイクルとして、そのサイクルを繰り返すこともできます。

【主なメリット】

  • 異なる検出対象ごとに、異なる照明、露光、ゲインを設定、それぞれの検出対象の検査を行うことができます

▲ページトップ