イメージセンシングプロダクツ / Image Sensing Products

ソニーが永年培ってきた、世界に誇るイメージセンサーを搭載するISP製品はマシンビジョンの『機械の眼』として"正確"に「撮る」「録る」「捉える」を実現し、画像処理、検査、監視、ロボットなど、多様化する産業用、セキュリティ用ニーズにお応えするカメラです。多彩なラインアップは、さまざまなシーンへの展開をご提案します。

グローバルシャッターCMOSセンサー搭載デジタルカメラの機能詳細

イメージフリップ

  • 全モデル搭載機能

以下のパラメータの組み合わせにより、画像の上下反転、左右反転、180度回転を設定できます。

  Reverse X
0 1
Reverse Y 0 通常 左右反転
1 上下反転 180度回転

▲ページトップ

ユーザーセット

  • 全モデル搭載機能

カメラ設定の保存が可能

カメラに搭載しているFPGA内部にGain, Shutter, Wite Balanceなどの設定情報を16種類(デフォルト含む)の保存が可能です。

ユーザーセット

▲ページトップ

フレームレート制御

  • 全モデル搭載機能

オートフレームレート設定

現在のシャッター設定とビニング/パーシャルスキャン設定に応じて自動的に最速フレームレートが設定されます。

フレームレート設定

任意のフレームレートを設定できます。ただし、最速フレームレートを超えて速くすることはできません。

▲ページトップ

ビニング

縦横2ピクセル単位でのビニングに対応し、画角を変えないでのフレームレートの増加※と、 感度の向上に寄与します。

※XCL-SG1240/XCL-CG510/XCG-CG510/ XCG-CG240はビニングによるフレームレートの変化はありません。

ビニングの例。ビニング(2x2)の設定時、画角を維持したまま、感度とフレームレートは約4倍となります。

▲ページトップ