交通系ICカードの利用を便利に

残高がわからなくて、改札で手間取ることもある交通系ICカード。
ICカードリーダー(パソリ)があれば、残高から利用履歴まで確認できます。

交通系ICカード

対応カード一覧
×
非接触ICカードリーダー/ライター “PaSoRi(パソリ)”RC-S380
Windows
非接触ICカードリーダー/ライター “PaSoRi(パソリ)”RC-S390
iOS

交通系ICカード×パソリでできること

  • Windows

    乗車履歴を確認!リスト作成も簡単!

    専用ソフトウェア「SFCard Viewer 2」*1を使えば、パソコンで乗車履歴や残高を確認できます。
    乗車カードの利用履歴は20件まで表示可能。利用履歴データを表計算ソフトに取り込めば、そのまま交通費精算等のリスト作成も行えます。

  • Windows
    iOS

    Suicaならチャージ(入金)も可能!

    「Suicaインターネットサービス」を利用すれば、パソコンに接続したパソリにSuicaをセットして、Suicaにチャージできます。また、iOS機器も専用アプリでSuicaに手軽にチャージできます。*2

*1「SFCard Viewer 2」はWindows対応パソコンのソフトです。
*2 ご利用に際しては、Windowsは対応パソコンとパソリRC-S380、iOSはiPhone等のiOS機器とパソリRC-S390が必要です。

SFCard Viewer 2(無料)の使い方

  • 1

    ソフトウェアをダウンロード

    本サイトのダウンロードページからソフトを無料でダウンロード。

  • 2

    ソフトウェアを起動

    [NFCポート] - [SFCard viewer 2]でプログラムを起動。

  • 3

    交通系ICカードをパソリに置く

    パソコンに接続したパソリに、お持ちの交通系ICカードを置きます。

  • 4

    乗車履歴や残高が最大20件表示されます

SFCard Viewer 2

Suica、PASMO、ICOCAなどの交通系ICカードに対応。

ご自宅のパソコンとパソリで
Suicaにチャージ!(入金)

「Suicaインターネットサービス」を利用すれば、クレジットカードを使ってSuicaにチャージできます。

Suicaインターネットサービス

インターネットに接続されたパソコンで、Suicaにチャージできます。

iOS機器なら、もっと手軽!
iPhoneとパソリでSuicaにチャージ。

お手元のiOS機器にSuicaチャージアプリをダウンロードすれば、パソリを使って好きな時にSuicaに直接チャージできます。

※ネットショッピングの支払いにはご利用になれません。

Suicaチャージアプリ

Suica付きビューカードを利用して、Suicaにチャージできます 。


※Suicaインターネットサービスおよび、Suicaチャージアプリは、2020年9月にサービス終了予定です。(詳細は、JR東日本 重要なお知らせへ)

乗車に使うだけでは、もったいない。
手軽に乗車履歴確認や入金を行って、交通系ICカードをもっと便利に。