FeliCaポケットのしくみ

各「ポケット」は、ソニーが管理する「アクセス鍵」とサービス事業者様が管理する「ポケット鍵」とで暗号化され、同じ鍵を持つ端末から読み書き(復号化と暗号化)ができるようになっています。ポケット鍵は、各サービス事業者様が設定し、セキュリティーを確保しています。

FeliCaポケットへのサービス登録と利用の仕組み

  1. 利用許可証とポケット鍵の設定
    サービス開始前に、利用許可証(ソニーが発行)とポケット鍵をFeliCaポケットモジュールに設定します。利用許可証には、サービスを識別する番号と対象カードの種類などサービス固有の情報が登録されています。
    • ポケット鍵は各サービス事業者様が管理する鍵です。

  2. カードにサービスを登録
    カード認証後、空いているポケットにサービス固有の情報(初回のみ)とバリューをポケット鍵で暗号化して書き込みます。
    • ポケット情報の暗号方式には、DES暗号方式 /AES暗号方式 / 暗号無し方式 の3種類があります。

  3. サービス利用
    利用する際はポケット鍵で復号化し、さらに更新されたバリューを暗号化して書き込みます。
  • 手順は端末により異なる場合があります。

FeliCaポケットのアクセス

FeliCa StandardとFeliCa Lite-Sについて

FeliCa Standardとは、電子マネーや交通系ICカードなど、様々な分野で利用できる、高セキュリティー高機能を有するICカードです。

一方、FeliCa Lite-Sは、ICチップの小型化によりカードの自由度をもたせられるよう、FeliCa Standard の標準機能からセキュリティー機能を簡素化し、シンプルなファイルシステムを採用したものです。

FeliCa StandardとFeliCa Lite-Sの詳細は、FeliCa Webサイトの技術情報をご確認下さい。

推奨フォーマット例

ポケットの領域は、サービスを提供する事業者が独自にフォーマットを定義し、対応した端末を開発する方法と、ソニーが定義する推奨フォーマットを利用する方法があります。

ソニー推奨フォーマットはポイント、クーポンなど代表的な4つのサービスを用意しています。

ポイント 概要 バリュー書き込み型のポイントサービスのためのフォーマット
フォーマット仕様 ポイントバリュー/累積ポイント/有効期限/更新日付/更新時刻/端末モジュール番号
利用例
来店ポイント
1日1回来店時に付与するポイント
従量ポイント
購入金額等に応じた従量ポイント (例)1,000円購入すると100ポイント付与
顧客ランク
累計ポイントを記録し、顧客ランクを付与し、優待サービス等に利用
会員証・ID 概要 カードにIDを書き込み、端末やシステムなどの上位で管理するサービスためのフォーマット
フォーマット仕様 会員番号/予約日付/予約時刻
利用例
会員証
学生証、社員証、カルチャースクールなどのIDを搭載
FeliCaポケットの高いセキュリティー性を活用し、出退勤や入退室を管理
オンラインサービス
オンライン型のポイントサービスやクーポンサービスをする際に利用
クーポン・
チケット
概要 クーポンや回数券、チケットなど有効期限付きの「権利」を管理するサービスのためのフォーマット
フォーマット仕様 種別(4種類まで)/枚数(256枚まで)/有効期限/予約/更新日付/更新時刻/端末モジュール番号
利用例
回数券
期限内の権利の回数をカウントするサービスに利用
定期券
スポーツジムの会員や駐輪場の定期券など、期限内の権利の管理に利用
チケット
スポーツ・エンタテイメントのチケット
スタンプラリー 概要 地点登録し、スタンプラリーなどのイベントで利用するためのフォーマット
フォーマット仕様 スタンプ(144種類)/有効期限/有効時刻/端末モジュール番号
利用例
スタンプラリー
チェックポイントで地点登録し、スタンプラリーイベントで利用
  • クローズドマネーをご検討のお客様は、ソニーまたはFeliCaポケット代理店へお問い合わせください。