NFCとFeliCaの関係

上の図は、オープン規格でどこまでFeliCaに対応できるかを表しています。

FeliCaは、基礎的な通信プロトコルを定義しているISO/IECの規格、実装に近い観点からデジタルインターフェースや半二重通信プロトコルの処理を定義しているNFCフォーラムの規格、さらにメッセージフォーマットやコマンドを含めたJISの規格で構成されています。

暗号化を必要としないオープンコマンドを用いたアプリケーション(たとえば電子マネーのビューワー)の場合には、公開されている規格だけで開発することができます。

NFCの魅力は、無線通信技術・モード・コマンド・メッセージフォーマットのモジュール化がもたらす、選択の自由度にあるといえます。これにより、アプリケーションを開発する立場にとっては、NFC事業への参入が容易になるからです。

Google社のスマートフォン向け OS Android 2.3より、NFCの機能がサポートされていることはご存じの方も多いと思います。すでにいくつかのアプリケーションがGoogle Playで公開されており、一般の方が開発された電子マネーのビューワーが含まれているのが特徴的です。

NFCとFeliCaの関係をまとめると、NFC-FとFeliCaは同じ無線通信技術であると同時に、FeliCaはNFC-Fというオープン規格の上にカードOSを加えたものと表現することができるでしょう。

FeliCaに関するさまざまな情報

関連サイト

  • FeliCa互換性技術情報サイト
  • FeliCa Networks
  • FeliCaポケット